仕事の情報整理はこの本を読んでからすべし!内田和成氏の情報活用術をまとめた2冊

アウトプットから逆算する、情報整理術!!

こんにちは!Masaです!

「情報が多すぎてどう整理して良いかわからない」

「自分なりに情報収集しているけど、効果的にできている自信がない」

という風に思ったことがありませんか?

今はインターネットを使えば、いくらでも情報収集ができる世の中です。

誰もが多種多様な情報にアクセスすることができるため、情報を持っているだけでは周囲と差をつけることはできません。

「情報を使って、いかに成果をあげるか」という、情報活用の力が問われている時代になっているのです。

そんな今の時代にぴったりの情報活用術を説いた良書が2つあります。

内田和成氏著の「プロの知的生産術」と「スパークする思考」です。

今回は、この2冊についてご紹介します!

情報活用を考える際に、重要なこと

この2冊が教えてくれる、最も大切なことは、

情報は活用して、成果に結び付けないと、意味がない

ということです。

いくら徹底的に情報を集め倒しても。いくら丁寧に、整然と情報を整理しても、実際に成果に結びつかない情報に価値はありません。

ゆえに、情報活用はアウトプットに力点を置かないと意味がないのです。

この2冊は、「成果に結びつけるための情報収集・整理」という視点で語ってくれます。

「当たり前だけど、忘れられがちな重要なこと」を思い返させてくれる良書なのです。

それでは、その中でも印象に残ったことを書いていきます。

「ざっくり、どんなことが書いてあるのか」を把握するための参考としてくださると幸いです。

情報は、無理に集めない、整理しない

内田氏はこの2冊で共通して、

情報は無理に集めない、整理しない

と書いています。

情報を集めるのは、何かの目的があってのこと。

その目的に合致しない情報をいくら大量に集めても、成果には結びつきません。

特に、情報収集という作業は、延々とできる上に、やっている最中の「仕事している感」もハンパではありません。

気づけば、情報の収集と整理で手一杯になってしまい、肝心の情報活用がほとんどできていなかった、という本末転倒な状況にもなりかねません。

そうならないために重要なのが、

「情報は無理に集めない、整理しない」という適当さ加減なのです。

「問題意識」を持って情報に接する

もちろん、ただテキトーなだけでは、成果に結びつく情報活用はできません。

そこで、もう一つ大切になるのが、

「問題意識」を持って情報に接する

ということです。

「問題意識」によって、情報を選別する

情報をいかに集めて整理するか?

という問いに対して、内田氏は「スパークする思考」の中で、こう答えています。

気 に なっ た 見聞 情報 を どの よう に 整理 すれ ば よい のか、 答え は、 何 も する 必要 は ない、 で ある。

さらに、

ただ、 問題意識 を 持っ て、 興味 を 持っ て 現象 に 出会い、 情報 として 見聞 する。その 上 で、 必要 な 情報 などに 頭 の 中 だけの チェック を つける。

「問題意識」すなわち、自分の興味のある分野を持つのです。

仕事に活きる情報活用をお望みなら、仕事に関係があることで興味のある分野を持つのです。

そして、自分の「問題意識」に引っかかるか否かで、情報を選別するというわけです。

引っかかった情報はどうするのか?

引っかかった情報は、無理に整理したりしません。前述の通りですね。

内田氏いわく、「頭の中でレ点を打つ」のだそう。

ファイリングなど、丁寧な整理は一切行いません。

ただ、「頭の中でレ点を打つ」だけです。これだけで十分とのこと。

「頭の中でレ点を打つ」ための行為として、本に折り目をつけたり、横線を引いたりはしますが、それ以降見返すことは基本的にないそうです。

「そんなに適当でいいのか?」と思われるかもしれませんが、

忘れてしまうくらいなら、重要な情報ではない

と考えているから、無理に覚えようとしたり、整理したりしないそうです。

何ともすがすがしい、情報活用のスタンスです。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した2冊は、基本的に同じようなことを主張しているので、どちらか一方を読めば十分かと思います。

内田氏の情報活用の事例が豊富なのは、「スパークする思考」です。

情報活用のツールなど、具体的なノウハウが充実しているのは「プロの知的生産術」の方です。

お好みの方を選ばれると良いかと思います。

それでは、今回は以上です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする