分かったつもりの「PDCA」を深く理解し「鬼速」で回せるようになるための1冊をご紹介!

意識的に、効果的にPDCAを回し、目的に近づいていることを実感しながら前進しよう!

こんにちは!Masaです!

「PDCA」

って聞いたことありますか?

ビジネスマンであれば、研修などで聞いたことがある人がほとんどでしょう。

しかし、一体どれだけの人が効果的にPDCAを回せていると言えるでしょうか?

「日々、なんとなく改善している」

くらいの感覚の人が多いのではないでしょうか?

効果的なPDCAの回し方を学び、意識的に改善のサイクルを回した方が効率が良いと思いませんか?

その第一歩となる、「効果的なPDCAの回し方を学ぶ」ことができるのが、冨田和成著の『鬼速PDCA』というビジネス書です。

今回は、そんな『鬼速PDCA』の読後レビューを書いてみたいと思います。

概要

『鬼速PDCA』は2016年10月に出版されたビジネス書です。

著者の冨田和成氏はZUUというフィンテック企業の社長で、以前は野村證券でトップレベルのセールスマンだったという優秀な方です。

内容は、タイトル通り「鬼速PDCA」について。

多くのビジネスマンが「なんとなく」でやっている「PDCA」を、「意識的に」、「鬼速」で回すにはどうすれば良いのか。

ということを、著者の体験も交えつつ具体的に教えてくれる1冊です。

「当たり前」を徹底的に追求した内容

もう少し深く、内容についてご紹介します。

本書の特徴として、

「当たり前」を徹底的に追求している

という点をあげられます。

本書は「P」「D」「C」「A」それぞれのフェーズで、実践すべきことを指南しているのですが、突拍子のないものは一つもありません。

課題は「因数分解」して、優先順位をつける

例えば、「Plan」のフェーズ。

ゴールを定量的に決め、現状とのギャップを洗い出します。

このギャップが「課題」です。

本書では、課題を「因数分解」するべきと言っています。

「ゴール」と「現状」を構成する因子をどんどんリストアップすることで、課題を抜け漏れなく把握できるのです。

そして、洗い出した課題に優先順位をつけます。

優先順位は、

  • インパクト
  • 時間
  • 気軽さ

を基準に決めます。

こうすることで、課題が抜け漏れなく洗い出され、かつどこから手をつければ良いのかもわかるようになるのです。

言われてみれば、「課題を洗い出す」ということは、「当たり前」に行うべきことです。

「当たり前」のことを、マインドマップに書き出したりしながら、しっかりとやり切りましょう、と言っている訳です。

DOはTODOレベルまで落とし込む

次に、「DO」のフェーズの話です。

「Plan」で洗い出した課題を埋めるためのアクションである「DO」は、きちんと「TODO」のレベルまで落とし込もう、ということが言われています。

例えば、「先方ともっと仲良くなる」ことが課題だとして。

「DO」として「2ヶ月に1回会食に行く」と設定したとしましょう。

ここで終わらせるのではなく、

(今日中に)先方のスケジュールを確認する

(日付が確定したら)店をネットで探す

(日付が確定したら)予約の電話を入れる

etc…

という具合に、スケジュール帳に書き込めるレベルまで落としこむべきだということです。

ここまで落とし込んではじめて、具体的な行動に移せるようになります。

これもまた、「当たり前のことを徹底的に、きちんとやろう」というメッセージだと思うのです。

このように、

「当たり前のことを徹底的に追求してやり切る」

ということが、何度も主張されています。

だからこそ、本書を参考に行動しやすくなっていますし、読んでいて納得感もありました。

ビジネス書は行動に移さないと、読んだ意味がない

とても納得感が高く、「PDCA」を回すために重要なヒントが多く得られるのは間違いありません。

しかし、ビジネス書は学んだ内容を行動に移さないと意味がありません。

自戒でもあるのですが、ビジネス書をいくら読んでも、自分が行動に移さないと何も変わりません。

納得したし、学びも多かったのですが、「ちゃんと行動しないと」と危機感も感じた1冊となりました。

まとめ

いかがでしたか?

ご自身の活動で、「PDCAがうまいこと回っていない」と感じるのであれば、読んでみると面白い1冊だと思いますよ。

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする