データから因果関係を導き出す方法とは? by データ分析の力〜因果関係に迫る思考法〜

こんにちは!Masaです。

今回は新書を20冊読むプロジェクトの第4冊目、

『データ分析の力 因果関係に迫る思考法』伊藤公一朗著

こちらを書評したいと思います!

概要

ここ最近よく聞くようになった「ビッグデータ」という単語が象徴するように、多くのデータが集まる時代になりました。

「そのデータをどう活かすか」によって企業の行く末が決まるといっても過言ではありません。

データを活かす人間が、時代に合わせたデータ分析のスキルを身につける必要が出てきています。

本書で紹介されるのは、

データから因果関係を導くための考え方と方法

です。

因果関係はデータが集まるだけでは導き出せません。

人間がデータ収集から分析まできちんと設計しないといけない分野なのです。

そして本書は、数式を一切用いずに、「データから因果関係を導く方法」についての大枠の理解を助けてくれる内容になっています。

この本の構成

本書は以下のような流れで展開します。

・因果関係をデータから導き出すのが難しい理由の説明(第1章)

・データから因果関係を導くための考え方と方法の紹介(第2~5章)

・データ分析の不完全性や限界の説明(第7章)

・次に読むと理解が深まる本の紹介(第8章)

わかりやすくて面白い!期待通り充実した内容だった!

この本、面白かったです。

私の問題意識にがっつりミートする答えを返してくれたからなのだと思います。

私は学生時代のインターンで、エクセルでのデータ分析には触れていました。

そこそこ有名なECサイトのデータ分析をまるっと全部やったこともあります。

しかし、あくまで私は作業者でした。

「何を分析したら成果が出るのか」を考える設計の部分には関わっていなかったんですね。

その疑問がずっと残っていた訳ですが、本書はその疑問に一つの回答をくれました。

私と似た問題意識を持っている方や、データ分析に多少なりとも興味のある方が読んだら、刺さる可能性は高いと思います。

さて、そのほかにも本書には特筆すべき良い点が2つあります。

1、数式を一切使わない

2、豊富でわかりやすい事例

この二つです。

数式を一切使わないことで、初学者がデータ分析の考え方だけを理解できるように設計されています。

私のような初心者には大変ありがたい良書となっています。

さらに、事例も非常に豊富です。

著者はアメリカでデータ分析を専門で扱う方で、フィールドワークのご経験も豊富です。

だから事例も豊富に出てきますし、著者が実際に関わった事例を説明してくれるので、非常にわかりやすくなっています。

こんな人におすすめ

・データ分析に多少なりとも興味のある初学者

・データ分析に携わる機会があって、データ分析の大枠の考え方を理解したい方

・ビッグデータ時代に必要な考え方を知りたい方

今回は以上になります!

どんどん読んで書評していきます!お楽しみに!