スマホの音楽も大迫力に!自宅で聴きたい高音質なBluetoothスピーカー7選

自宅で高音質な音楽を楽しみたい!という人におすすめなBluetoothスピーカー7選

こんにちは!Masaです!

Bluetooth接続でワイヤレスに音楽を聴けるスピーカーが増えてきましたね。

中でもラインナップが多いのは、「重低音」が特徴のスピーカーです。

家電量販店のスピーカーコーナーに行けばわかりますが、「重低音」の文字があちこちに見られます。

しかし、重低音を押し出すあまり「低音主張しすぎ…」と感じるモデルも少なくありません。

自宅で音楽を聴きたい場合などは、低音だけでなく、中高音域もキレイに出て欲しいものです。

そこで今回は、重低音だけじゃない高音質なBluetoothスピーカーを7つピックアップしてご紹介します!

自宅で音楽を聴くのに適したモデルだけを選びます!

もちろん、全てBluetooth接続ができるので、スマホで手軽に音楽が聴けますよ!

ポータブルなモデル

Bluetoothスピーカーと言っても、種類は様々です。

今回は、ポータブルに持ち運びもできるモデルと、据え置きで使うモデルに分けてご紹介します!

まずは、ポータブルなBluetoothスピーカーを3機種ご紹介します!

BOSE「SoundLink Revolve」

まず1つ目は、BOSEの「SoundLink Revolve」です!

360度サウンドの迫力とタフなボディが売りのコンパクトスピーカー

この筒状のスピーカーは360度、全方位に音を出すことができます。

だから、リビングなどの大きい空間でも、しっかりと音が拡がってくれるのです。

それでいて、非常にコンパクト、かつバッテリー持ちも良好で、12時間連続で再生することもできます。

さらに、防滴対応しており、多少の水がかけられても平気です。キッチンでも水を気にすることなく使うことができます。

BOSEと言えば、低音のイメージが強いかもしれませんが、こちらのスピーカーは中高音域も綺麗に出ると評判です。

お値段はおよそ27,000円です。

SONY「SRS-HG1」

2つ目は、ソニーの「SRS-HG1」です!

ハイレゾ対応ながら、コンパクトなスピーカー

こちらのSRS-HG1の特徴は、

ハイレゾ対応ながらコンパクトなボディ

ということです。

当然、中高音域もキレイに出すことができます。

最長12時間の連続再生が可能で、どこにでも持っていくことができるでしょう。

お値段はおよそ25,000円です。

SONY「SRS-ZR7」

3つ目は、ソニーの「SRS-ZR7」です!

マルチアンプ構造でテレビにも使える、「高音質&ハイパワー」モデル

一つ前のSRS-HG1とパッと見形状が似ていますが、こちらのSRS-ZR7の方が一回りサイズが大きくなっています。

その代わり、非常にパワフルな音を出すことができるようになったのが「SRS-ZR7」というスピーカーなのです。

マルチアンプ構造と言って、複数アンプを搭載しており、低音から中高音域までキレイに、かつパワフルに出すことができます。

テレビのスピーカーとしても十分使えるレベルの音が出せます。

「SRS-HG1よりさらに迫力が欲しい!」という方におすすめです!

お値段はおよそ35,000円です。

テレビの音も高音質にできる置き型モデル

ここまでは、持ち運べるタイプのコンパクトなスピーカーをご紹介してきました。

残り4機種は、テレビのスピーカーとしても使えるモデルをご紹介していきます。

テレビに接続するくらいなので、持ち運び用ではなく、家で良い音楽を聴くためのスピーカーです。

多少サイズも大きくはなってきますが、その代わり迫力のサウンドを出すことができる機種ばかりです!

それでは、ご紹介していきましょう!

BOSE「Solo5」

まずは、BOSEの「Solo5」です。

サブウーファー内蔵のコンパクトモデル

この一本のバーに高音質を詰め込みました!

という感じのスピーカーです。

サブウーファー(低音を出す部分)がバーに内蔵されていて、低音の量を任意で調整することが可能です。

テレビの音質を上げることもできますし、Bluetooth接続でスマホの音楽も大音量で楽しむことができます。

お値段はおよそ、32,000円です。

BOSE「Sound touch 300」

次は、BOSEの「Sound touch 300」です。

さらにパワフルになった一体型スピーカー

こちらもSolo5と同様、サブウーファーがバーに内蔵されているモデルです。

ただ、こちらは横幅が1m近くあり、より迫力のある音が出せるようになっています。

Solo5より大音量・高音質を追求したい人におすすめです。

お値段はおよそ81,000円です。

SONY「CT-380」

3つ目は、ソニーの「CT-380」です!

ワイヤレスサブウーファーでサラウンド感を実現

こちらの特徴は、

サブウーファーが別で付いていて、ワイヤレスでつなぐことができる

ということです。

よりサラウンド感を演出できるスピーカーと言えるでしょう。

お値段はおよそ37,000円です。

ヤマハ「YAS-107」

最後は、ヤマハの「YAS-107」です!

コンパクトで高コスパのスピーカー

何と言っても、コスパの良さが際立つモデルです。

サブウーファーが内蔵された一体型のスピーカーで、ヤマハが作っただけあって、音質も十分です。

ハイスペックでありながら、お値段が27,000円ほどです

テレビにも使える置き型タイプの中は最安です。

持ち運べるポータブルタイプと比べても、遜色ないお値段です。

まとめ

いかがでしたか?

持ち運ぶのか、家だけで聴ければいいのか、用途はそれぞれです。

ぜひ、ご自身に合ったBluetoothスピーカーを選んでくださいね!

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする