一人暮らしが持っておきたい家電3選!家事を自動化して、自分の時間を創り出そう

家事を自動化して、自分の時間を作り出そう!一人暮らしにおすすめな便利家電を3つご紹介!

こんにちは!Masaです!

みなさんは、自分の時間を増やすための投資をしていますか?

誰にでも平等に与えられている資源である「時間」を有効活用することは、成功するために欠かせません。

チャレンジしやすい若い世代は特にそうです。

そこで今回は、一人暮らしの家事作業を自動化&効率化して、「自分の時間」を増やしてくれる、便利な家電を3つご紹介します!

お掃除ロボット

まず一つ目は、「お掃除ロボット」です。

いわゆる「ルンバ」ですね。

ただ、最近はルンバ以外にも、安価ながらパワフルに掃除してくれるお掃除ロボットも数多く存在しています。

こちらの記事にまとめてありますので、ぜひご参照ください。

参考記事:

「ルンバは高すぎる…」という人のための格安お掃除ロボット7選

どのくらい時間が作り出せるのか?

一人暮らしの部屋の床掃除にかかる時間は、玄関なども含めて5分くらいだと仮定します。

お掃除ロボットがあれば、出かけるときにスイッチを押しておくだけで、勝手に床掃除をしてくれます。

つまり、一日あたり5分の節約になり、1ヶ月だとおよそ150分の時間を作ることができます。

「掃除は2日に1回で十分」という人でも、1ヶ月でおよそ75分の節約になりますね。

食器洗い機

二つ目の便利家電は「食器洗い機」です。

一人暮らしで出る洗い物の量はたかが知れていると思われがちですが、炊飯ジャーの釜や、汚れのついたフライパンなど、厄介なものも少なくありません。

せっかく食器洗い機というものがあるのですから、活用しない手はありません。

食器洗い機というと、「ファミリー向けの大きいもの」というイメージをお持ちかもしれませんが、意外にも小型なサイズのものも存在しています。

どのくらい時間が作り出せるのか?

一日3~5分くらいかかっているのではないでしょうか?

一人暮らしだからと言って、簡単に洗えるものばかりではないはずです。(ちょっと汚れのこべりついたフライパンとか)

食器洗い機を使えば、作業がすすぎだけになるので、1分程度で済むようになります。

一日4分ほどの節約になるので、1ヶ月でおよそ120分の時間が作り出せることになります。

もし、食洗機を取り付ける場合、分水栓の取り付けなどが必要になるため、家電量販店でお店の人に相談して買うのがベターです。

電動歯ブラシ&フロス

三つ目の便利家電は、「電動歯ブラシ&フロス」です。

まず前提として、歯磨きはちゃんとするべきです。

虫歯になった時の治療費がバカにならないというのもありますが、将来的なQOL(生活の質)向上のためにも、キレイな歯を維持するのはとても大切です。

その辺は、この本に書いてあるので、読んでみてください。

どのくらい時間が作り出せるのか?

さて、きちんと歯磨きするには、最低でも10分はかかります。

糸ようじなどを使って、歯間を磨くと、もっと時間がかかるかもしれません。

電動歯ブラシ(と電動フロス)を使えば、大幅に時間を短縮させつつ、手磨き以上にキレイに磨けます。

ざっと半分の時間で歯磨きが可能になるとすると、一日に5分の節約となります。

1ヶ月だと、およそ150分の時間を作り出すことができます。

一日2回以上磨く人は、その分だけさらに時短になりますね!

1年間で84時間の節約!

ここまで見てきた3つ(フロスを入れると4つ)の家電を使うと、1ヶ月合計で420分の時間を作り出せます。

これを一年間に換算すると、84時間(5040分)の節約になります。

時給1000円の人が84時間働けば、84,000円稼げます。

「時間」は目には見えないので気づきにくいですが、雑務を削るだけで、これほどのインパクトがあるのです。

大きな課題「洗濯」

筆者の頭を悩ませている、もう一つの面倒くさい作業が「洗濯」です。

特に干す作業がめちゃくちゃ面倒くさい。。

時間もかかりますしね。。

そこで使えそうなのが、洗濯代行サービスです。

バッグに詰めた洗濯物を取りに来てくれて、洗って乾かして畳んで返してくれるというサービスです。

ただ、1回あたり3000円ほどかかります。

ご自身の稼ぎを時給換算して、1回分の洗濯での価値が3000円を超える方は、アリだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

「時間」は限られています。

本当に重要なことに時間を使えるよう、投資してみてはいかがでしょうか?

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする