【インチ別】圧倒的なコスパを誇るLGの4Kテレビを5つピックアップ!

LGの4Kテレビのコスパが最高!インチ別におすすめの機種をご紹介します

こんにちは!Masaです!

「テレビは安いほうがいいけど、それなりにキレイな映像は見たい」

そう思う方は多いのではないでしょうか?

そんな要望に「ドンピシャ」で応えているのが、LGというメーカーです。

他社の半額近い売価を叩き出しながら、映像美も決して引けを取らない高コスパ製品を多く作っています。

今回は、そんなLGが誇る最強コスパの4Kテレビをインチ別にご紹介します!

43インチ

まずは、液晶の43インチです。

この「43UH6100」というテレビ、4KHDR対応です。

HDRというのは、「High Dynamic Range」の略称で、明暗のコントラストがキレイに付いた映像であることを意味しています。

それに加えて、倍速パネルも付いていて、動きのある映像でもキレイに見れるというスペックながら、お値段がおよそ70,000円です。

国内メーカー製造で、倍速パネル付きの43型4K液晶テレビを買おうとすると、型落ちでも10万円は超えてきます。

倍速パネルというのは、動きの多い映像でも残像が残らないようにするために、コマ数を倍にする機能です。

これがあることで、アクション映画やスポーツ観戦のクオリティが変わってきます。

参考記事:

「4Kテレビ?何それおいしいの?」状態でも大丈夫!4Kテレビの賢い選び方をイチから解説します

4Kテレビで10万を切っている時点で相当な安値なのに、倍速パネルまで付いているという最強コスパを誇る良品なのです。

55インチ

続いて、55インチです。

競合他社も主力のラインナップが並ぶ、激戦区の55型ですが、ここでもLGは圧倒的なコスパの製品を叩き出しています。

こちらの「55UH6500」というモデルも、4KHDR対応の高画質で、倍速パネルも付いています。

それでいて、価格はおよそ90,000円です。

同様のスペックの国内メーカー産テレビを買おうとすると、15万円以上するものばかりです。

6万円もの差がありながら、十分にキレイな映像を楽しむことができるのです。

60インチ

最後に、60インチです。

「60UJ6500」も、ここまで紹介してきたモデルと同様、4KHDR対応で、倍速パネルを搭載しています。

お値段は、およそ210,000円です。

60型以上ともなってくると、40~50万円するモデルもザラになってくる中、20万円ほどで抑えられており、ここでも素晴らしいコスパを発揮しています。

有機ELテレビ

ここまでは、4Kの液晶テレビを紹介してきましたが、最後の2機種は「有機ELテレビ」です。

まずは、55型の有機ELです。

55型の有機ELは、国内メーカーだと40万円以上します。

LGの「55EG9100」は、その半額の200,000円以下で手に入れることができます。

半額もの差となると、映像に差が出ているはずなのですが、そんなに大差ないのが実情です。

テレビという製品自体がコモディティ化していて、差がつきにくくなっていることもあります。

しかし、最も大きい要因は、どの有機ELテレビもLG製のパネルを使っていることです。

有機ELのパネルを生産できるのは、現在LG1社だけなので、ソニーもパナソニックも東芝もLGのパネルを使って、有機ELテレビを作っています。

だから、映像で大きな差がつかず、かつ値段はLGが一番安くできる構造になっているということなのでしょう。

65型でも高コスパな製品を出しています。

「OLED65B6P」は40万円以下で買うことができます。

他メーカーだと、70万円以上かかります。

「有機ELテレビが気になっている」という人は、要チェックです。

「Good Enough」な製品がもっと増えていい

ここまで、いかにLGのコスパが高いのかを紹介してきました。

家電量販店に行くとよくわかりますが、4Kテレビの映りはパッと見、どれも差があるようには見えません。(よく見るとちょっと違ったりしますが)

テレビもコモディティ化しているわけです。

どれだけスペックを追求しても、大した差が出ないのならば、「ある程度のキレイさで安く買いたい」ですよね?

そこに応えたからこそ、ドンキの4Kテレビは品切れしたのだと思います。

LGも同じように、「ある程度キレイで、かつ安いテレビ」を作ってくれています。

しかも、LGはドンキにはない「倍速パネル」や「HDR対応」という画質差が出やすいスペックをきちんと抑えて、かつ値段も低くしているので、より「高コスパ」なんじゃないかと思っています。

まさに、今のニーズに合ったテレビを作っているのがLGなんじゃないかなあと、この記事を書いていて思いました。

もっと、LGとガツガツ競争できる優良メーカーが台頭してきて、「Good Enough」な製品が増えると良いなあと思います。

まとめ

いかがでしたか?

LGやドンキも選択肢に入れつつ、ぜひ賢い買い物をしてくださいね!

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする