ブルーレイレコーダーを安く買いたい方必見!半額以下の値段で済ませられるかもしれない方法をご紹介

ブルーレイレコーダーではなく、外付けHDDで録画すれば、半額以下の出費で済むお話

こんにちは!Masaです!

今回はTVにつける外付けHDDのご紹介をします。

そのメリットは何と言っても、

ブルーレイレコーダーの半額以下の値段で買える

という点です。詳しくみていきましょう。

ブルーレイレコーダーに録画機能だけを求めているなら、代わりにHDDを購入するべき

もしあなたがブルーレイレコーダーに録画機能だけを求めている場合、外付けHDDの購入が有力な選択肢になってきます。

なぜなら、

外付けHDDはブルーレイレコーダーに比べて圧倒的に安いのです。

こちらのシャープの2チューナー搭載の1TBモデルバッファローの外付けHDDを比較するとその差は歴然です。

レコーダーはおよそ4万円であるのに対して、外付けHDDは2万円未満です。

これだけ価格差があれば選択肢にいれて考えるべきでしょう。

ディスクに焼くことができないのでご注意を

もちろん安さには理由があります。

外付けのHDDの場合、録画しかできません。

つまり、レコーダーに搭載されている録画以外の機能が使えないということです。例をあげると、

  • ディスクに録画した番組をダビングする
  • ブルーレイやDVDのディスクからコンテンツを見れない
  • スマホ連携などのレコーダー独自の最新機能が使えない

といったことです。

しかし、これが問題にならない人も多くいるのではないでしょうか。

つまり、

「録画機能があれば十分」と考える人にとって、無駄な機能のために値段が高くなっているレコーダーを買うのは損な選択

だと言えるのです。

「録画はよくするけど、ダビングすることはほとんどない」人にとって、上記のブルーレイレコーダー独自の機能は不要ではないでしょうか。

テレビに複数チューナーついているか必ず確認!!

外付けHDDは確かにオススメなのですが、

テレビに複数チューナー付いているかどうかは要確認です。

テレビ側に複数のチューナーが付いてないと録画ができないからです。

最近のテレビはだいたい2チューナーか3チューナー付いているので問題ないのですが、一昔前のモデルだと1チューナーしか付いていないかもしれないので、確認してください。

ちなみに、チューナーというのはテレビの電波の受信部のことです。番組の視聴と録画にはそれぞれ1チューナーずつ必要となります。

なので、1つの番組の裏で録画がしたい場合、テレビ側に2チューナー付いている必要があります。

また、テレビ側の1チューナー目は視聴専用なので、2番組同時録画をしたい場合、テレビに3チューナー付いている必要があります。

代表的なモデルは東芝のレグザシリーズですね。例えば、REGZA 50M510X

こちらは3チューナー付いているため、外付けHDDをつけると2番組同時に録画が可能です。

外付けHDDのオススメ機種

さて、外付けHDDのオススメ機種です。私はSeeQVault対応のものをオススメしています。

これに対応していると、HDDの接続先のテレビを自由に代えることができるからです。

逆に言えば、非対応のものだと、テレビを付け替える時に中身を全て消さないといけないので注意が必要です。

それを踏まえると、

HDV-SQ1.0U3/VC

AVHD-URSQ2

などでしょうか。

必要な録画時間数に応じて、容量を変えると良いと思います。

かなり大容量にしても、同じ容量のレコーダーと比較すると半額以下の値段になるはずです。

それでは、今回は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする