【関西の名所】本物のIMAXを観れるのは、日本で大阪エキスポシティだけ!!

109シネマズ@大阪エキスポシティで、本物のIMAXを観てきた

109シネマズ公式より引用)

こんにちは!Masaです!

今や多くの映画館が上映していて、特に珍しくも無くなってきている「IMAX」。

しかし、

本当の意味でIMAXと呼べるスクリーンは、日本にたった一つしかないことをご存知でしたか?

今回は、その「たった一つの本物のIMAX」で「スターウォーズ 最後のジェダイ」を観てきたので、ご紹介したいと思います!

本物のIMAXとニセモノのIMAXの違いとは?

本物のIMAXとニセモノのIMAXにどんな違いがあるのでしょうか?

それは、こちらを見れば一目瞭然です。

(http://collider.com/star-wars-7-imax-details-revealed/)

左側がニセモノのIMAX、右側が本物のIMAXです。

画角が全然違います

違うのは画角だけではなく、映像の解像度にも雲泥の差があります。

ニセモノが2KHD相当の画質なのに対して、本物のIMAXは、横幅ピクセルが16Kにもなる超高解像度です。

今4Kテレビの画質のキレイさが認知されてきているところですが、IMAXはその16倍もの解像度を持ちます。

普段は味わうことができない、素晴らしい映像体験をすることができるわけです。

本物のIMAXを観てきた

さて、そんな本物のIMAXを先日観て参りました!

作品は、「スターウォーズ 最後のジェダイ」です。

映像と音の迫力が大きな魅力となっている「スターウォーズ」のシリーズということで、IMAXと非常に相性が良いのではないかと、大いに期待して観に行きました。

そして、

期待を裏切らない、素晴らしい体験を味わうことができました。

圧倒的な大きさのスクリーン

まず劇場に入っていきなり驚いたのは、スクリーンの大きさです。

高さ18m横幅26mの巨大スクリーンがそびえ立っています

巨大なスクリーンで観る「最後のジェダイ」は迫力満点でしたよ。

4Kツインレーザーが作り出す、素晴らしい映像美

映像の美しさも際立っていました。

4Kツインレーザーを用い、横幅ピクセル16Kもの超解像度の映像です。

スターウォーズのオープニングの宇宙の画ですでに鳥肌モノでした。

その後も、宇宙の中でのバトルを超鮮明に、超巨大に映し出して大いに楽しませてくれました。

映像の迫力がモノを言う、「スターウォーズ」のような作品と本当に相性が良いと思います。

大迫力!!12ch音響システム

すごいのは映像だけではありませんでした。

音も大迫力の爆音でした

心臓にズシンと来る低音。宇宙戦争の迫力を倍増させる爆音。

12chもの、大量&多角的な音出しがそれを可能にしています。

素晴らしかった。

本物のIMAXが日本で観れるのは、大阪だけ

さて、そんな本物のIMAXですが、

なんと、日本で観れるのは大阪エキスポシティにある109シネマズだけです

次に近いのは台湾になってしまいます。

国内では、大阪の109シネマズ一択しかないんですね。

関西地方にお住まいで、まだ本物のIMAXを観たことがないという方がいらっしゃれば、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか??

まとめ

いかがでしたか?

IMAXにニセモノと本物があること、覚えておいてくださいね。

大阪に来る際は、一度ご覧になってみると、面白いと思いますよ!!

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする