「ハンガーにかけたままでシワが伸びるってホント?」パナソニック衣類スチーマーをレビューします

こんにちは!Masaです。

先日、パナソニックの衣類スチーマーを買いました!

およそ2週間ほど使ってみたので、感想をここに書きます!

買うまでの経緯

このスチーマーの存在は結構前から知っていました。電車のモニター広告やテレビCMが大量に流れていましたからね。

いざ買おうと思ったのは、一人暮らしを始めてからです。

ワイシャツを毎回クリーニングに出すのは手間だし、費用もバカにならないから自分で洗濯しようと思いました。

とはいえ、シワを自分で伸ばすのもかなりめんどくさいなあと。

そこで思い出したのがパナソニックのスチーマーでした。

CMでは「ハンガーにかけたまま、スチーマーを使ってサッとシワ伸ばしができるよ」みたいな感じの演出がされていました。

また、「朝の短い時間で可能だよ」みたいな訴求もされていたので、「これだ!」と思って買いました。

買う前に期待していたこと

そういう訳で、CMの通り使えることを期待していました。

具体的には、

・ハンガーにかけたまま、ラクにシワを伸ばせる

・時間がかからない

・綺麗に伸びる

この3点でした。

感想まとめ

実際使ってみてどうだったかというと、

・ハンガーにかけたまま、ラクにシワを伸ばせる
→伸ばせるが、思ったほどラクではなかった

・時間がかからない
→スチームの準備時間が短く、即起動して便利

・綺麗に伸びる
→端の部分が伸ばしにくい

こんな感じです。一つずつ見ていきます。

思ったほどラクではない

ちょっと私の期待値が高すぎました。というか、ちょっと誤解してた点がありました。それは、

衣類を引っ張りながらスチームを当てないと伸びない。

という点です。考えてみれば当たり前なんですけどね。。

スチームを当てるだけで伸びる魔法の道具かと思っていたんですね。甘すぎというか生活の知識が足りないというか、、

もしCM見てそう思っている方がいらしたら、覚えておくと良いかと思います。

(ちなみに、CMをよく見ると、確かに引っ張りながら当てています)

端の方が伸ばしにくい

引っ張りながら伸ばさないといけないというのはつまり、

端の方(袖や襟)はハンガーにかけたままでは伸ばせない

ということです。手にスチーム当たったらやけどしちゃいますからね

プレス使用にも対応しているので、端までしっかり伸ばす場合だと、アイロン台を使ってやればいけます。

立ち上がりが早い!

スチーマーなんで、水を入れて立ち上げる訳ですが、

立ち上がりが早い!

です!これはポジティブな驚きでした。

公式サイトによると、

電源を入れて24秒で使える

とのことです。

実際に使ってみると「はやっ!」という感想を持ちました。

実際に使用した時の写真

シャツを伸ばした時の写真を載せておきます。

before

after

引っ張りやすい部分はきちんと伸びました。

逆に、袖や襟など引っ張りにくい部分は伸ばしきれませんでした。

こういう部分にはアイロン台が必要になってくると思われます。

今回は以上です!