【カフェ代節約】ネスカフェドルチェグストを活用し、作業場を自宅に移すだけで年間7万円節約できるというお話

ネスカフェドルチェグストを活用して、カフェ代を節約しつつ美味しいコーヒーを楽しもう!

こんにちは!Masaです!

カフェ作業が多い方は、ネスカフェドルチェグストを活用して自宅作業に切り替えると、年間7万円近く節約できるという話をします。

カフェがメインの作業場になっている人は多い

朝活をするビジネスマンの方、就活やレポートに追われる学生さんなど、カフェをメインの作業場として、習慣的に利用している人は多いのではないでしょうか。

美味しいコーヒーと共に作業したいという人が多いのでしょう。「カフェに行くことでスイッチが入って作業できる」なんて人もいるかもしれません。

しかし、そんな方にこそ伝えたいことがあります。それは、

メインの作業場は自宅にするべき

ということです。

自宅作業に切り替えよう

なぜ自宅作業に切り替えるべきなのか。

カフェ代がバカにならない金額だからです。

カフェでコーヒーを飲むと、1杯300円ほどかかります。

もし、毎日カフェに行っていると、月額およそ9000円の出費になるわけです。

年間だと108,000円の出費です。

これを控えて、自宅作業に切り替えることで、大きな節約になるというわけです。

しかし、自宅でも美味しいコーヒーが欲しいでしょう。

それを解決するのが、ネスカフェドルチェグストです。

ドルチェグストのコーヒーがカフェ並みに美味しい理由

ネスカフェドルチェグストは、ネスレのカプセル式コーヒーマシンです。

カプセルをマシン本体にセットして、レバーを引くとコーヒーが抽出されます。操作は非常にシンプルなので、誰でも使える優れものです。

そのドルチェグストの優れている点は2つあります。

  • コスパ

この2点です。

まず、味について。

ドルチェグストのコーヒー本当に美味しいです。

理由はカプセルを用いて、コーヒーを抽出する点にあります。

ドルチェグストのカプセルは真空で密閉されており、コーヒーの粉が空気に触れることがないため、酸化しません。

さらに、抽出時にカプセルに圧をかけるため、カフェのコーヒー並みの風味やコクを実現できています。

私個人の感覚でいうと、チェーンのカフェのコーヒーより美味しいのではないかと思います。

また、私の友人に豆からこだわって自分の手でコーヒーを挽くというコーヒーオタクがいるのですが、彼は「自分で挽く気が失せるくらい美味い」と言っていました。

実際、口コミでの評価も高いです。ドルチェグストのコーヒーが美味しいのは間違いないでしょう。

1杯50円!コスパが最強

優れた点の2つ目として、コスパが挙げられます。

ドルチェグストは1杯あたり50円です。

もし、カフェでの作業を自宅に置き換え、コーヒーはドルチェグストにしたとしましょう。

ドルチェグストは抽出量がそれほど多くないので、一日2杯飲むとして月間およそ3000円かかります。

年間にすると36000円です。

カフェで毎日作業した場合と比べると、

月間で6,000円、年間で72,000円の節約になります。

コスパの高さがわかるのではないでしょうか。

この計算で抜けている点が一つあります。マシン代です。

マシン代も計算に入れないと参考にならないではないか、というご指摘はごもっともです。

しかし、実はマシン代を計算に入れる必要はありません。

なぜなら、

カプセルの定期便オプションを使うと、マシンのレンタルが無料になるからです。

ドルチェグストの定期便オプション

ネスカフェドルチェグストには定期便オプションというものがあります。

こちらは、カプセルの定期便に申し込むと、マシンを無料でレンタルできるというサービスです。カプセルが送られてくる頻度は、1ヶ月に1回か2ヶ月に1回を選択できます。

のオプションを使えば、初期費用ゼロでドルチェグストを自宅に導入できます。

ドルチェグストを使う以上、カプセルは必需品です。

それを定期的に送ってくれるのは普通に便利なので、こちらが損することは一切ないと言えます。

これもドルチェグストの大きなメリットの一つです。

ドルチェグストの定期便への申し込みはこちらの公式サイトからどうぞ。

まとめ

ドルチェグストを導入して、作業場を自宅に移すと年間で7万円以上の節約になるので、おすすめです。

これで自宅で作業する場合のコーヒーの問題は解決されたわけですが、実はもう一つだけ問題が残っています。

それは「自宅だと集中できない問題」です。

「そもそも、カフェに行くのは集中するためである」という人も多いかと思います。

私は、集中できる環境と仕組みさえ作ればわざわざカフェに行く必要はないと思っています。

このトピックで記事を書く予定なので、ご期待ください。

それでは、今回は以上です!

お付き合いいただき、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする