ついに購入!ソニーのRX10M4を手に入れた感想を書いてみる

ソニーのRX10M4は期待通りの素晴らしいカメラ

ソニー公式より引用

こんにちは!Masaです!

「とんでもないモノを買ってしまった…!」

ソニーのRX10M4を初めて使ってみたときの感想です。

600mm望遠、積層CMOS、高速AF、秒間24コマ連写…

どれもこれも、素晴らしい。

以前、RX10M4を購入する前に、このカメラに期待を寄せる記事を書きました。

参考記事:

α7ユーザーの私が、RX10M4を欲しくなったこれだけの理由

今回は、実際に手に入れて、使ってみてわかった使用感を書いてみたいと思います。

動物園で、600mm望遠の威力を味わう

RX10M4を手に入れたら、行きたかったのが「動物園」です。

被写体である動物との距離があり、なおかつ動くという動物園では、望遠、高速AF、連写が威力を発揮するだろうと思ったからです。

行ってみたら、やはりその通りで、RX10M4のスペックを存分に楽しむことができました。

まずは、望遠の便利さです。

およそ5〜6m離れた塀の外からでも楽勝です。これで焦点距離が81mmですから、まだまだ余力たっぷりです。

お昼寝中のアシカも…

ドアップで撮れます。

次はシロフクロウ。

鳥などを撮る際に気になるのが、檻が写り込むことです。

RX10M4なら、3m以上遠い所にのみピントが合うように設定できるので、檻もバッチリ消せます。

手前にネットや柵があるような場所での撮影では、大いに力を発揮してくれます。

ちなみに、150mm以上の焦点距離を使うときのみ、この機能は有効ですのでご注意を。

レッサーパンダで、スーパースローを試してみる

RX10M4は、

スーパースローモーションを撮影することができます

これがまた、撮っていて面白いんです。

普段とはガラッと違う表現ができるので、とても楽しい機能だと思います。

レッサーパンダを撮っていて、痛感したことは、

「積層CMOSすげえ」

ということです。

積層CMOSというのは、RX10M4に搭載されたセンサーのことです。

センサーの画素領域に積み重なる形で、メモリーが搭載されており、バッファとして活用することができます。

スーパースローを例に、動き方をみてみます。

スーパースローを撮影すると、大量のデータが画像処理エンジンになだれ込むことになります。

普通だったら、到底さばき切れない量のデータが、絶え間なく流れ込み続けるわけです。

積層CMOSであれば、この大量のデータを、一時的にメモリーに保管しておくことが可能になります。

メモリーというバッファがあってはじめて、大量かつ高速な読み出しが可能になっているのです。

実は、秒間24コマの高速連写を使う際にも、この積層CMOSが大活躍してくれています。

大量のデータが絶え間なく流れ込み続けるという構造は、スーパースローと全く同じですからね。

つまり、積層CMOSがないと、RX10M4の高速連写やスーパースローモーション撮影は不可能というわけです。

それにしても、今までに撮れなかったものが撮れるって楽しい。

まだあまり手慣れていませんが、どんどんトライしていきたいと思っています。

イルミネーションを撮ってみる

RX10M4の唯一の不安点。

それは、

センサーサイズが比較的小さいこと

です。

RX10M4に搭載されているのは、1.0型の積層CMOSセンサーです。

対して、RX10M4の前に使っていた「α7」はフルサイズのセンサーを搭載していたので、そこの差がどう出るか心配でした。

しかし、私の心配もなんのその。

夜のイルミネーションの撮影でも、圧倒的な画力を見せてくれました!

こちらは、先日の神戸ルミナリエで撮ってきた写真です。

かなり混雑している中でしたから、当然三脚は使わず、手持ちで撮影しております。

望遠寄りで撮ってもこの通り!綺麗に撮れています。

手持ちでもここまで綺麗に撮れるのは、「マルチショットノイズリダクション」が非常に使い勝手が良いからです。

自動的に複数枚連写をして、画像を合成。ノイズを軽減した写真に仕上げてくれる機能です。

この連写がめちゃくちゃ速い。

積層CMOSがここでも威力を発揮しています。

「マルチショットノイズリダクション」の連写が速いと、それだけ手ブレのリスクが減ります。

手で固定している時間が短く済みますからね。

というわけで、センサーサイズが小さいからと言って、暗い場所に弱いかというと、そうでもないことが分かりました。

まとめ

いかがでしたか?

撮れないものを探すのが難しいくらい、RX10M4が優れたカメラであると実感しました。買ってよかった。

強いて言うなら、背景ボケはさすがにフルサイズ機の方が一段上だと感じます。

α7シリーズに55mmF1.8の単焦点レンズなんかをつけて、RX10M4と2台持ちすると完全無欠になれると思います。

まあ、趣味で撮るくらいだったら、RX10M4一つで十分すぎるとは思います。

私も、当面はRX10M4一台でガンガン撮っていくつもりです。

RX10M4、おすすめです。

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぺぺろん より:

    Rx10m4のレビュー大変参考になりました!
    作例を見ていると欲しくなりますね。
    また、動きもの等撮られることがあればぜひ記事にしていただけると嬉しいです!

    • Masa より:

      ぺぺろんさん

      コメントいただき、ありがとうございます。
      スポーツ撮影もしてみようと思っているので、撮ったら記事にしますね!!