奈良公園での撮影散歩が楽しい3つの理由

一眼片手に散歩がGood!奈良公園に紅葉撮影に行ってきた

こんにちは!Masaです!

先日、奈良公園に紅葉を撮りに行ってきました!

今回は、撮影の成果を晒しつつ、紅葉撮影のヒントなんかも書いていこうと思います。

奈良公園での撮影散歩が楽しい3つの理由

関東圏の人なら、奈良公園には、修学旅行で一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?

「奈良の大仏」がある、東大寺を園内に抱え、近くには若草山や春日大社、興福寺もあり、奈良に来るなら外せない名所です。

そんな奈良公園で紅葉の撮影に行ってきましたが、なかなか楽しく、気持ちの良い1日を過ごすことができました。

奈良公園での撮影散歩が楽しくなる理由は3つほどあるのではないかと思っています。

アクセスが良好

まず第1に、

近鉄奈良駅から徒歩ですぐのところにあるため、アクセス抜群です

なんばから一本で行けるため、関西圏にお住まいであれば、とてもラクに訪れることができるスポットなのです。

さらに、近鉄奈良駅は始発駅なので、帰りは座って寝ながら帰れます(笑)

散歩後には、これが結構嬉しいんですね。

京都に比べて、混雑が少ない

二つ目に、

京都に比べて混雑が少なかったのが、非常によかったです

京都に行くと、人でごった返して、まともに歩けないなんてこともあります。

京都に比べるとマイナースポットであり、敷地も広いためか、奈良公園は快適にお散歩が楽しめますよ。

人を入れずに写真を撮るのも、比較的容易です。(南大門の前とかは無理だけど)

バラエティ豊かな被写体

3つ目は、

被写体の豊富さです

東大寺南大門のような、歴史的建造物もあれば、紅葉もあります。その二つに飽きても、鹿がいます。

紅葉や建造物を背景に鹿を収めたり、紅葉の前ボケからの鹿を狙ってみたりと、様々なバリュエーションで撮影が楽しめます。

紅葉の時期

ご参考までに、

11月の上旬から、奈良公園の紅葉は見頃を迎えます。

ちなみに、私が行ってきたのは、11月の2週目ごろでした。

撮れ高

それでは、撮れた写真をビシッと載せてみます。

いきなり失敗作から。。

構図はよかったんですが、腕が一歩及ばず、鹿へのピントがイマイチになってしまいました…

「おー、最高!よくその位置で止まってくれた!」

とテンションが上がってしまったのですね。良い被写体を見つけた時ほど、冷静に行きたいです。。

結構綺麗に色づいていました!

ちなみに、ソニーのαシリーズをお使いでしたら、ピクチャーエフェクトの「トイカメラ」の「ウォーム」に設定するのがおすすめです。

暖色系が映えて、紅葉撮影との相性バッチリです。

参考記事:

【紅葉撮影】αユーザにおすすめしたい、たった一つの撮影設定

鹿を撮るのもまた一興。

逆光からも紅葉は映えますねえ。

イチョウの黄色い紅葉も楽しめます。

池も多いので、晴れた日ならこんな具合に反射も狙えます。

まとめ

いかがでしたか?

例年、奈良公園の紅葉は12月上旬まで楽しめるそうなので、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする