一眼で紅葉を鮮やかに撮るための5つのヒント

一眼で紅葉をうまく撮るためのヒントを5つにまとめてみた

こんにちは!Masaです!

11月に入り、秋も深まってきた今日この頃。

この時期外せない被写体といえば、「紅葉」ですよね。

そこで今回は、紅葉を一眼で綺麗に撮るヒントを5つご紹介します。

知識を復習してから、紅葉撮影に出かけましょう!

お出かけは早朝が吉

まずはこれです。

特に、週末はそうなのですが、

朝早くから出かけると良いことしかありません

日中に比べて、光の加減がちょうどいいのが朝の時間帯です。

お昼になって日が高く昇ると、太陽光が強くなりすぎて、撮影の難易度が上がります。

また、朝の時間帯は外に出ている人も少なく、

意図せず人が構図に入り込む心配も少なくなります

車でお出かけされるなら、

渋滞を回避できるというメリットもあります

「休日も早起きかよ…」と思う気持ちもよくわかりますが、ちょっと頑張るだけで、とても快適な撮影が楽しめますよ。

紅葉以外の被写体も構図に入れてみる

紅葉の撮影に出かけている、ということで、もみじやイチョウばかりに目がいってしまいがちです。

しかし、他の被写体とうまく組み合わせることで、印象的な画を作ることができます

湖や池、滝などの自然や、寺社仏閣などの建造物と合わせると、紅葉はキレイに映えます。

F値を下げ、もみじにピントを合わせて、背景にお寺を入れてみる。

なんていう画も、面白いかもしれませんね。

露出は積極的にいじる

3つ目はこれ。

露出を積極的にいじってみて、「これだ!」と思える明るさで撮りましょう

紅葉撮影で、露出補正は大事な要素です。

明るさ次第で、もみじの色の写り方が変わってくるからです。

色々な明るさで撮ってみて、あとでベストショットを選ぶ。

なんていうのも良いかもしれません。

ISO感度を高めることを恐れない

4つ目はこれです。

葉が風に揺られてブレるなら、ISO感度を上げてみよう

という話です。

紅葉撮影は、日陰などの比較的暗い場所で行わざるを得ないことがあります。

そうなると問題になるのが、「光が足りない」ということです。

光が少ない状況では、

  1. 三脚を使い、シャッタースピードを遅くして光を多く取り込む
  2. シャッタースピードはそのままで、ISO感度を上げて対応する

この二つのどちらかで対応します。

三脚を使って、シャッタースピードを遅くする方が、ISO感度を上げた時に発生するノイズを気にしなくて済むのでベターです。

しかし、被写体自体が動いてしまう場合があります。

葉が風に揺られ、仕上がりもブレブレになってしまうのです。

そういう時は、シャッタースピードを上げて動きを止めつつ、ISO感度を高めて、光量不足を補うのです。

ISO感度を上げると、ノイズが発生するというデメリットは必ず起きますが、ブレブレの写真ばかりになるよりはマシというわけです。

色飽和を起こしていないか、逐一チェックする

5つ目がこれ。

彩度を上げて撮るのは正解だけど、色飽和のチェックは忘れずに

ということです。

紅葉の撮影を行う際、色の彩度を上げて、鮮やかさを強調するのは一般的な方法です。

私が使用している、ソニーのαシリーズの場合だと、「クリエイティブスタイル」という項目を「紅葉」に設定すると、彩度を高く撮影することができます。

他のメーカーの機材でも、名前は違えど同じような機能が付いています。

そこで気をつけたいのが、「色飽和」という現象です

彩度を上げすぎたがために、色潰れを起こして、細部の表現が失われるという現象です。

ちょうど、こんな感じ。

こちらは、私が失敗した写真です。

もみじが赤く潰れてしまって、細部が失われています。

ミラーレスをお使いであれば、彩度がどれくらいか確認しながらシャッターを切りましょう。

撮った後も、もう一度仕上がりをチェックしておきましょう。自戒も込めて。

参考記事:

ミラーレスと一眼レフの違いは?比較してわかる!ミラーレスを選ぶべきこれだけの理由

+α:望遠レンズがあると便利かも

最後にプラスアルファとして。

望遠レンズがあると便利です

ちょっと遠い場所にもみじが生えていて、標準ズームレンズだと、寄りきれないことがあります。(実体験済み)

前回撮影に行った時に、非常にもどかしい思いをしたので、もし望遠をお持ちならぜひ持っていきましょう。

私もお金貯めて買います…

まとめ

いかがでしたか?

冒頭にも言いましたが、秋の被写体といえば、「紅葉」です。

秋にしか楽しめない撮影を、ぜひ。

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする