【カメラ用語解説】被写界深度とはなにか?ボケとパンフォーカスを理解する

被写界深度とは?ピントの合い方を、F値によってコントロールする

こんにちは!Masaです!

「被写界深度」

聞いたことがあるけど、詳しくは知らない。

という方も多いのではないでしょうか?

様々なカメラ用語を説明するのに、「被写界深度」という言葉は多く登場してくるので、ここでしっかり押さえておきましょう!

取っ付きにくそうな印象を持たれがちな「被写界深度」という用語ですが、そんなに難しくはありませんよ。

被写界深度とは?

被写界深度というのは、

ピントが合っている範囲

のことです。

被写界深度は、「深い」もしくは「浅い」と言われます。

これは、ピントの合っている範囲のことを言っています。

被写界深度が「浅い」or「深い」

被写界深度が「浅い」とは「ピントの合う範囲が狭い」という意味です。

写真の一部分にしかピントが合わず、他の部分はボケます。

これが、一眼の醍醐味でもある「背景のボケた写真」の正体です。

ソニー公式

逆に、被写界深度が「深い」とは「ピントの合う範囲が広い」ということです。

写真の多くの部分にピントが合い、くっきりと全体を写せます。

全体にピントが合う状態が「パンフォーカス」

被写界深度が非常に深く、写真全体にピントが合うことを「パンフォーカス」と言います。

大自然の風景を撮影する時などは、意図的にパンフォーカスを狙って撮る人が多いです。

ソニー公式

こういった写真です。葉の細かい部分まで見えますね。

被写界深度は意図的に操作できる

被写界深度は、3つの方法で意図的に操作できます。

F値(絞り)

被写界深度の深さは、F値を操ることで、自在に演出できます。

F値を下げて、絞りを開けることで被写界深度は浅くなります。

逆に、F値を上げ、絞りを絞ることで被写界深度は深くなります。

焦点距離

焦点距離は長いほどボケます。

つまり、焦点距離が長いほど被写界深度は浅く、短いほど深くなるということです。

撮影距離

被写体とカメラの距離が近いほど、被写界深度が浅くなり、ボケやすくなります。

逆に、被写界深度を深くしたいのであれば、被写体から遠ざかりましょう。

また、被写体と背景の距離が遠いほど、被写界深度は浅くなり、ボケやすくなります。

ポートレート撮影などでは、人物をカメラの近くに、背景を人物から遠くに配置すると、ボケ感の強い写真が撮れますね。

以上、3つの方法で被写界深度は意図的に操作できます。

被写界深度を操って、思い通りの演出をしてみると楽しいですよ!

まとめ

いかがでしたか?

「ピントの合う範囲」を状況に応じて変化させ、より良い写真を撮っていきましょう!

それでは、今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする