【一眼初心者】「シャッタースピード」とは何なのか?わかりやすく解説!

「シャッタースピード」を理解して、動く被写体を自在に撮ろう!

こんにちは!Masaです!

今回は「シャッタースピード」とは一体何なのか、わかりやすく解説します!

「動く被写体をどう撮るか」が変わる

シャッタースピードを操ることで、「動く被写体をどう撮るか」が変わります。

シャッタースピードを速めると「瞬間を切り取る」ことができます。

シャッタースピードを遅めると「動きを捉えたダイナミックな表現」をすることができます。

実際にシャッタースピードの速い写真と遅い写真を見比べて、詳しく説明していきます。

シャッタースピードが速い写真

まずはシャッタースピードの速い写真です。

滝の水を撮った写真です。

シャッタースピードを速めたことにより、水の動きが止まって「瞬間を切り取った写真」になっています。

こちらも同様に水を捉えた写真です。

波が打ち付けた「瞬間」を捉えることができています。

シャッタースピードを速めると、以上のような「瞬間を切り取った写真」が撮れます。

シャッタースピードが遅い写真

次に、シャッタースピードの遅い写真をみてみましょう。

水に動きが出ていることがおわかりいただけるでしょうか?

シャッタースピードを遅くしたことで、カメラがより長時間光を取り込むことができ、その結果として、水が流れているように写すことができています。

こちらは、道路でシャッタースピードを遅くして撮られた写真です。

シャッターが長く空いているため、何台も車が通った跡を写すことができています。

シャッタースピード=カメラに光を通す時間

なぜ、シャッタースピードを速くすると被写体の動きが止まり、遅めると動きを表現することができるのでしょうか?

それは、

シャッタースピード=カメラに光を通す時間

だからです。

シャッタースピードが速いと、カメラ内部のイメージセンサーに光が通る時間が短くなります。

シャッタースピードは1/1600秒や1/3200秒まで速めることができます。つまり、1/3200秒という一瞬だけを捉えることになるのです。

これが被写体が止まって見える理由です。

反対に、シャッタースピードは10秒とか20秒まで遅めることができます。つまり、20秒の間を捉えることになるのです。

20秒の間の滝の流れをすべて捉えることになります。水は動きますので、当然ブレます。

このブレた結果が、先ほどの滝や道路の写真で表現された「動き」の正体です。

シャッタースピードを遅めたいなら、三脚が必要

これまで見てきたように、シャッタースピードを遅める場合、「動きを表現」できます。

別の見方をすると、「動く部分以外は止まっている必要がある」と言えます。

例えば、滝の写真の場合。

水の動きを表現したいのであって、岩の部分は止まっていて欲しいわけです。

しかし、手持ちで撮影するとそれは非常に難しくなります。

あなたの手のブレもすべて汲み取られてしまうからです。10秒や20秒も全く手を動かさずに固定しているのは無理です。

カメラは非常に繊細な機械で、自分では気づかないわずかな手ブレも捉えてしまいます。シャッタースピード1秒でも、手持ちで撮影するのは難しいでしょう。

そこで必要になるのが三脚です。

三脚でカメラを固定することで、シャッタースピードを遅くして撮ることができるようになります。

撮影の楽しみを増やすためにも、三脚はおすすめのアイテムです。アマゾンで非常にコスパの良い三脚が買えますよ。

シャッタースピードはどう調整するの?

シャッタースピードは、「Sモード」もしくは「Pモード」という撮影モードに切り替えると調整できます。

「Sモード」というのは、「シャッタースピード優先」の撮影モードです。シャッタースピードをマニュアルで決めることができます。しかも、他の要素は自動で良い感じにしてくれる便利なモードです。

「Pモード」はシャッタースピードだけでなく、他の要素もマニュアルで決めるモードです。

「シャッタースピードをいじるのは初めて」という方は、まずは「Sモード」で撮影してみることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

シャッタースピードが理解できたなら幸いです。

「シャッタースピード」のような、カメラ用語はとっつきにくい印象があるかもしれませんが、理解すると楽しみが広がるものも少なくありません。

実際にお持ちの愛用機で色々な撮影方法を試しながら、知識も深めていけると良いですね!

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする