一眼レフ初心者がカメラを選ぶときのポイントとおすすめ機種【予算5万円】

【予算5万円】一眼レフを選ぶポイントとおすすめ機種!

こんにちは!Masaです!

今回は一眼レフを初めて購入される人向けに、選ぶ際に見るべきポイントと予算5万円で買えるおすすめ機種をご紹介します!

一眼レフを選ぶときに見るべきポイント

こう思う方は多いのではないでしょうか。

「一眼レフに興味はあるけど、どれが良いのかわからない」

「カメラって複雑で難しそう」

実際、カメラのスペックは数多い項目から成り立っており、初心者の方にはとっつきにくいのも事実です。

これからカメラの世界に入門する方は、次の二つの視点で比較検討することをすすめます。

  • センサーサイズ
  • 操作性

一つずつ見ていきましょう。

センサーサイズってなに?

「センサーはカメラの部品の中で、最も重要である」と言っても過言ではありません。

なぜなら、センサーが写真の仕上がりに最も大きな影響を与える部分だからです。

デジタル一眼カメラは、センサーが光を受け取ることで撮影する機械です。だからこそ、センサーは最も重要な部品ですし、写真の仕上がりに与える影響も大きくなるのです。

センサーが良いとボケ感が出やすくなるため、「一眼っぽい」写真が撮りやすくなります。その方がカメラを買った甲斐があると思えるはずなので、センサーは良いものを選ぶことをおすすめします。

では、センサーの性能はどこをチェックすればわかるのでしょうか?

答えは、大きさです。

「センサーは大きければ大きいほど、性能が良い」と考えて問題ありません。

センサーが大きいほど「ボケ感」が出やすく、「一眼っぽい」写真が撮れるのです。

その方がカメラを撮っていて、楽しみも感じやすいはずです。

操作性はどこを見て比べるの?

続いて、操作性の話をします。

結論からいうと、

初心者が1機目として買う場合、ミラーレスがおすすめです。

操作性の面で比較した時、どうしてもミラーレスに軍配が上がります。それは以下の理由からです。

  • 写真の加工結果を見ながら撮影できる
  • 液晶ディスプレイを見ながら撮影する際に、性能が落ちない
  • 軽くて持ち運びに便利

写真の加工結果を見ながら撮影できる

一眼での撮影の楽しみの一つに、「自在に加工をかけながら撮影する」という点が挙げられます。

わざと白黒にしてみたり、露出を高めて明るく加工してみたりと、できることは無数にあります。

実は、そうした加工の結果を確認しながら撮影できるのはミラーレスだけなのです。

普通の一眼レフの場合、撮影し終えないと加工の結果が確認できません。

つまり、ファインダーを覗いて「カシャ」と撮るときは何も加工されていない素の状態が見えています。撮影が終わってはじめて加工がうまくいったか否かを確認することになるのです。

スマホを使ってきたみなさんからすると、「加工した結果が見れない」ということ自体が理解できないかもしれません。

一眼レフには「ミラー」が付いていることで、加工結果が確認ができなくなっていますが、その説明は後ほどします。

ミラーレス一眼なら加工結果を確認しながら撮影が可能で、一眼レフだとできない。とだけ覚えておいてください。

加工を自在に楽しみやすい点で、ミラーレスの方が操作性が高いわけです。

液晶ディスプレイを見ながら撮影できる

カメラの背面には液晶のディスプレイが付いていますよね。

ミラーレスはそのディスプレイを見ながら撮影しても何も問題ありません。

しかし、普通の一眼の場合だと、液晶ディスプレイを使うとカメラの性能が落ちます。

スマホに慣れ親しんできたであろう初心者の方にとって、液晶ディスプレイでの撮影が直感的にやりやすい形でしょう。

液晶ディスプレイが封じられることは、大きくユーザビリティを損なうことに繋がりかねないのです。

なぜ一眼レフでは加工結果も確認できないし、液晶ディスプレイの性能も落ちるのでしょうか。

一眼レフには「ミラー」が付いていることが関係しています。

一眼レフの「ミラー」はセンサーの前に付いています。シャッターを切ると、そのミラーが下がってセンサーに光が届く仕組みです。

なので、シャッターを切る前はセンサーに光が届いていないのです。

センサーに光が届いていないから、加工を施した結果を見ることもできないし、液晶にも写すことができないのです。

それでも、ミラーに透過性を無理やりつけることで、液晶ディスプレイにも写すことができるのですが、限界があります。

液晶ディスプレイでの撮影の際に、スペックが低下するのはそのためです。

構造的な問題ということですね。

参考記事:

ミラーレスと一眼レフの違いは?比較してわかる!ミラーレスを選ぶべきこれだけの理由

軽くて持ち運びに便利

最後に、

ミラーレスは軽いのです。

ミラーをつける必要がないため、各社が小型化・軽量化に力を入れてきました。デザインの自由度も高くなります。

そのため、ミラーレスには小さくて軽くてデザイン性の優れたモデルが数多く存在します。

これもミラーレスをおすすめする理由です。

おすすめ機種は?

以上の点を踏まえると、

  • センサーサイズが大きい
  • ミラーレスである

この2点で見ていくと良いでしょう。

ミラーレスに力を入れているのが、

  • オリンパス
  • ソニー
  • パナソニック

あたりでしょう。非常に優秀なミラーレス機をたくさん出してくれています。

それでは、予算が5万円で買えるおすすめ機種を紹介します。

ソニーの「NEXシリーズ」の後半

予算が5万円の場合、NEXシリーズの後半をおすすめします。NEX-6とかNEX-7とかですね。

例えば「NEX-6Y」

キタムラで48,000円くらいで手に入ります。センサーサイズがAPS-Cであるにも関わらず、軽量・小型化が実現されています。

APS-Cのセンサーサイズを搭載しているミラーレスで、この値段でレンズが二つ付いてくるセットはかなりコスパが良いです。

中古に抵抗がある方は、こちらのNEX-6のズームレンズキットも良い選択肢です。

お値段は約6万円と少し高くなりますが、新品の安心感が得られると思えば決して高くはないと思う方も多いのではないでしょうか。

一眼でセンサーサイズが比較的大きいものとなると、新品でも中古でも高額になることが多く、5万円で買えるものは限られてきます。

その中で、NEXシリーズは予算5万円でも買えるため、非常に高いコスパを誇っていると言えます。

まとめ

いかがでしたか?

一眼を選ぶイメージは付いたでしょうか?

センサーサイズと操作性を見比べて納得のいくカメラ選びをしてみてくださいね!

それでは、今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする