インスタ映えする写真を撮るための、カメラ&グッズおすすめ10選!

instagram専用のカメラを持つ女性が多い

デジカメメーカーのカシオが行った調査によると、4人に1人の女性がinstagram用のカメラを持っているそうです。

https://www.casio.co.jp/release/2017/0721_dc/

カシオ公式より引用)

もちろん、iPhoneシリーズをはじめとして、スマホのカメラでも十分キレイな写真を撮ることができる時代になっています。

しかし、写真の画質を決定づける「イメージセンサーの大きさ」が、スマホの何十倍もあるカメラで撮ると、驚くほど高画質で撮ることができます。

instagram専用カメラを選ぶ5つのポイント

ここでは、instagram専用カメラを選ぶうえで、欠かせないポイントを見ておきましょう。

ポイントは5つあります。

  1. コンパクトで持ち運びに便利
  2. スマホとしっかり差がつく高画質
  3. スマホ転送がスムーズ
  4. 広角あるいはズームが優れている
  5. レンズが充実している(一眼系なら)

コンパクトで持ち運びに便利

できるだけ小さくて軽いカメラを選ぶことが重要です。

「大きくて重いカメラを持ち出すのがおっくうになって、使わなくなった」というのは、よく聞く話で、非常にもったいない。

コンパクトにバッグに収納できて、サッと取り出せる、コンパクトなカメラを選びましょう。

レンズ交換式の一眼カメラの場合であれば、軽くて小さいミラーレスを選ぶべきです。

参考記事:

ミラーレスと一眼レフの違いは?比較してわかる!ミラーレスを選ぶべきこれだけの理由

コンデジの場合は、「コンパクトだけど、画質も低いカメラ」に要注意です。

「小さくても画質が一流」というコンデジがきちんと存在しているので、そちらを選びましょう。見分け方も非常に簡単です。(次項で説明します)

スマホとしっかり差がつく高画質

ソニー公式より引用)

続いて重要なのが、画質です。

スマホのカメラの性能が非常に高くなってきているため、中途半端な性能のカメラだと、

「スマホでいいじゃん」

となってしまいます。

画質を検討する際にチェックすべきなのは、「イメージセンサーの大きさ」です。

イメージセンサーが大きいほど、デジタルカメラは多くの光を取り込むことができ、その結果、写真の仕上がりがきれいになりやすくなります。

特に、夜景などの暗いシーンや、背景をぼかした本格的な写真を撮りたいときに、イメージセンサーの大きさがモノを言います。

インスタ専用のカメラには、スマホよりもしっかり大きいイメージセンサーを搭載したカメラを選ぶべきなのです。

イメージセンサーのサイズを比較してみよう

では、実際どれくらいのサイズを選べばよいのでしょうか?

イメージセンサーのサイズを図にして比較してみましょう。

一番右下の「1/3型」というのが、iPhoneなどのスマホに搭載されているセンサーサイズです。

他の本格的なサイズのセンサーと比べると、その差は一目瞭然ですね。

では、この中でどのサイズのセンサーを選べばよいのでしょうか?

それは、

  • 1型
  • マイクロフォーサーズ
  • APS-C

この3つです。

なぜ、1型~APS-Cなのか

「なんで一番大きいフルサイズじゃないの?」

と思われるかもしれません。

フルサイズともなると、サイズが大きくなりすぎてしまうのです。

ミラーレス一眼にフルサイズのラインナップがあり、本体だけで見ると結構コンパクトだったりするのですが、レンズを合わせると非常に大きくて重たくなります。

本格的にカメラが好きになって、がっつり趣味にしたい方にはぜひともおすすめです。

しかし、手軽に良い写真が撮れるインスタ専用カメラを探す上では、除外するべき対象でしょう。

スマホと一線を画す画質とコンパクトさを両立できる、1型~APS-Cの間で選ぶことをおすすめします。

1/2.3型コンデジはハズレのことが多い

センサー関連でもう一つ、お伝えしたいことがあります。

「コンパクトだけど、画質が低い」という、ハズレコンデジを見分ける方法です。

それは、「1/2.3型サイズのセンサーを積んだコンデジを避ける」という方法です。

1/2.3型は、安価なコンデジに非常によく使われているサイズです。

上の図を見るとわかる通り、スマホのセンサーとほとんど差がありません。

そのため、せっかくインスタ専用にカメラを買っても、「iPhoneとあんまり変わらなくない?」となってしまいます。

コンデジを選ぶ際は、「1/2.3型」ではなく、必ず「1型」を選ぶようにしましょう。

1型のであれば、非常にコンパクトなコンデジの良さを維持しつつ、高画質な写真も期待できます。

スマホ転送がスムーズ

インスタ専用カメラとして使うなら、サっとスマホに送れて、即アップできることが重要になりますよね。

最近のデジタルカメラには、「Wi-fi機能」もしくは「Bluetooth機能」がついており、ワイヤレスで写真をスマホに送信することができます。

現行の最新機種には間違いなく入っている機能なので、あまり気にする必要はないかもしれません。

もし、中古などでお安いモデルを探す場合は、Wi-fiもしくはBluetoothが搭載されているかチェックしましょう。

広角あるいはズームが優れている

続いて、面白い画が撮りやすいかどうかをチェックする項目として、「広角」もしくは「ズーム」の性能がどうなっているかをチェックしましょう。

レンズを交換することができない、コンデジの場合は特に要チェックです。

なぜ、「広角」か「ズーム」の性能が高いとよいのでしょうか。

この二つのどちらかが備わっていると、「アッ!」と目を引くような写真を撮りやすいのです。

広角写真の例

ソニー公式より引用)

こちらは、人間の目を超えるような画角(視野)で撮った広角写真です。

望遠を活かした写真の例

ソニー公式より引用)

望遠を活かし、近寄れない被写体を大きく写すと共に、キレイなボケを演出できています。

レンズが充実している(一眼系なら)

ミラーレス一眼を候補にお考えなら、本体の性能だけでなく、レンズの種類が豊富かどうかもチェックしましょう。

先ほど見たような、スゴイ広角の写真やズームの写真も、レンズの種類がないと撮ることができません。

本体のメーカー選びの際に、使えるレンズが決まってしまうので、最初によく吟味する必要があります。

というのも、レンズは基本的に、メーカーごとに作られ、互換性がありません。メーカーごとに違うレンズマウントを採用しているのです。

例えば、キャノンのレンズをニコンのカメラに取り付けることはできません。

アダプターも存在していますが、結構高価だったり、全体の重量が上がったりするので、あまりおすすめできません。

ミラーレスでレンズが豊富なメーカーで言うと、

  • パナソニック
  • オリンパス
  • ソニー

あたりがおすすめです。

パナソニックとオリンパスは、「マイクロフォーサーズ」という共通のレンズマウントを採用しており、同じレンズを使うことができる、珍しいメーカーです。

ソニーは、ミラーレスの最新機種を続々と投入している、ミラーレス界で非常に勢いのあるメーカーです。

レンズの数も急速に増えており、選択肢には困らないでしょう。

インスタ専用カメラにおすすめできるカメラ達

具体的なおすすめ機種をご紹介する前に、どういった種類のカメラを選ぶべきかをご紹介しておきます。

インスタ専用に適しているカメラとして、以下の3種類をおすすめします。

  • ミラーレス一眼
  • 高級コンデジ
  • Gopro

交換レンズで多彩な表現ができる、ミラーレス一眼

先ほどからちょこちょこと名前が出てきていました、ミラーレス一眼。

様々なレンズの中から選ぶことができるため、非常に多彩な表現が可能です。

レンズ交換できるのは、一眼レフとミラーレス一眼の二つです。

ただ、サイズの面から、レンズ交換式のカメラなら一眼レフではなくミラーレス一眼を選ぶべきだという話でした。

ミラーレス一眼でおすすめのメーカーは、

  • パナソニック
  • オリンパス
  • ソニー
  • キャノン

このあたりです。

キャノンはミラーレスのレンズラインナップがまだ物足りないものの、本体の基本性能やデザイン、コンパクトさが際立っているため、おすすめです。

コンパクト×高画質を極めた、高級コンデジ

キャノン公式より引用)

続いて、インスタ専用カメラとして優秀なのが、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)です。

ミラーレス一眼と違い、レンズを交換することはできないものの、手のひらに収まる圧倒的なコンパクトさが魅力です。

画質の面でも、1型のセンサーを搭載したモデルを選べば、スマホと圧倒的な差をつけた写真を撮ることができます。

普通じゃ撮れないアクション中の写真を撮るなら、GoPro

最後におすすめなのが、GoProです。

GoProはセンサーサイズが大きいわけではないのですが、自在に体に取り付けて、アクション中の動画を撮れたりするので、面白い画が撮れます。

趣味や旅行で、ダイビングや登山、スキー・スノーボードをやる方には、結構おすすめです。

インスタ専用カメラにおすすめな機種10選

いよいよ、具体的なおすすめ機種をご紹介していきますよ!

ミラーレス一眼

まずはミラーレスからです。

キャノン「EOS Kiss M」

価格帯  7万 〜11万

(付属レンズにより値段が異なります)

イメージセンサーの大きさ  APS-C

(366.6mm2)

ISO感度  100-51200
画素数  約2410万画素
連写速度  10コマ/秒
ファインダー有無  あり
自撮り

(モニターが180度回るか)

 〇
コンパクト&使い勝手良好!王道ミラーレス

EOS Kiss Mは、キャノンミラーレスシリーズの中で初めて「Kiss」の名前を冠したミラーレスです。

キャノンはミラーレス後発とあって、ユーザーの要請にきちんと応えた機種を出してきている印象です。

ミラーレス特有の小型軽量なボディで、持ち運びがラクなうえに、APS-Cサイズの大型センサーを搭載し、高画質を実現しています。

使い勝手も非常に良好です。

バリアントモニターとなっており、自撮りも簡単にできるようになっています。

キャノン公式より引用)

また、タッチであらゆる操作が可能。

特に、タッチでフォーカス位置を合わせらるのは、スマホの感覚に近くて大変便利です。

キャノン公式より引用)

実写サンプル

(キャノン公式より引用)

Amazonで見る:

https://amzn.to/2IkQiY6

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/EOS+Kiss+M+%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3/?f=1&grp=product

キャノン「EOS M100」

価格帯  5.5〜8万
イメージセンサーの大きさ  APS-C

(約332.2mm2)

ISO感度 100-25600
画素数  約2420万画素
連写速度  6.1コマ/秒
ファインダー有無  なし
自撮り

(モニターが180度回るか)

コンパクトさを追求したミラーレス

EOS M100は、コンパクト&高画質を追求したモデルです。

ファインダーも付いていないため、手のひらに乗るくらいのサイズに仕上がっています。

APS-Cの大型センサーを搭載し、画質も申し分ありません。

タッチでの操作の快適さも、前述のKiss Mと同様です。

「じゃあ、どっちを選べばいいんだ」

と思うかもしれません。こちらの記事で比較をしていますので、参考にしてください。

参考記事:

キャノンのミラーレス一眼まとめ!「Kiss M」と「EOS M100」のどちらを選ぶか

実写サンプル

キャノン公式より引用)

Amazonで見る:

https://amzn.to/2IsCBm4

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/EOS+M100+EF-M15-45+IS+STM+%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88/

オリンパス「E-PL9」

価格帯  約7~8万円
イメージセンサーの大きさ  マイクロフォーサーズ

(224.9mm2)

ISO感度  200~25600
画素数  約1605万画素
連写速度  約8.6コマ/秒
ファインダー有無  なし
自撮り

(モニターが180度回るか)

 ◯
女子カメラの王道!オリンパスのPENシリーズ

オリンパスの「E-PL9」は、女子カメラとして常に人気の高い、「PENシリーズ」の最新機種です。

かわいいデザインと小型・軽量なボディ、高い操作性が特徴です。

オリンパス公式より引用)

キャノンの「Kiss M」や「M100」と同じように、タッチであらゆる操作が可能。

さらに、強力な手振れ補正が搭載されており、初心者でも失敗が少ないカメラだと言えそうです。

オリンパス公式より引用)

実写サンプル

オリンパス公式より引用)

Amazonで見るならこちら:

https://amzn.to/2kylLYv

楽天で見るならこちら:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/E%EF%BC%8DPL9/?f=1&grp=product

パナソニック「LUMIX GF10」

価格帯  8~9万円
イメージセンサーの大きさ マイクロフォーサーズ

(224.9mm2)

ISO感度  100~25600
画素数  1600万画素
連写速度  約10コマ/秒
ファインダー有無  なし
自撮り

(モニターが180度回るか)

4Kフォトで一瞬も逃さない

パナソニックの「LUMIX GF10」は、かわいいデザインながらも、一瞬の隙も逃さないカメラです。

4Kフォトという機能を使うと、秒間30コマもの超高速連写を長時間持続させることができます。

パナソニック公式より引用)

これだけ高速で長時間連写し続けたら、シャッターチャンスを逃さずに済みます。

さらに、ユニークな機能として、「フォーカスセレクト」というものがあります。

この機能を使うと、撮影した後で、フォーカス位置を調整することができます。

パナソニック公式より引用)

「うまくピントが合わなかった…」

という時でも、後からピント位置を調整できます。

4Kフォトとフォーカスセレクトのおかげで、かなり失敗を減らせるカメラに仕上がっています。

実写サンプル

パナソニック公式より引用)

Amazonで見るならこちら:

https://amzn.to/2IdaNSz

楽天で見るならこちら:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/LUMIX+GF10/?f=1&grp=product

ソニー「α6000」

価格帯  6万 〜8万

(付属レンズにより値段が異なります)

イメージセンサーの大きさ  APS-C

(366.6mm2)

ISO感度  100-51200
画素数  約2430万画素
連写速度  11コマ/秒
ファインダー有無  あり
自撮り

(モニターが180度回るか)

 ✖
ミラーレス現行機種の中で、トップクラスのコスパ

ソニーのα6000は、発売からすでに4年が経過しているモデルです。

だからといって侮ることなかれ。現行エントリー機種の中でもトップの性能を誇ります。

連写は秒間11コマ、オートフォーカスも非常に速く、ファインダー付きです。

カメラの基本性能としては、Kiss M並みかそれ以上です。にもかかわらず、発売から時間が経過しているため、10万円を軽く切り、7万円台でズームレンズ付きのセットが購入可能です。

コスパ重視なら、必ずチェックするべき機種でしょう。

参考記事:

ソニーのミラーレス一眼「α6000」を徹底解説!エントリー機として理想的なカメラ!

実写サンプル

ソニー公式より引用)

Amazonで見るならこちら:

https://www.amazon.co.jp/dp/B00IEPJVLW/ref=twister_B00WLSO6WW?_encoding=UTF8&psc=1

楽天で見るならこちら:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%CE%B16000/?f=1&grp=product

コンデジ

続いてコンデジです。

ソニー「RX100M3」

センサーサイズ 1型
有効画素数 約2010万画素
ISO感度 125-25600
光学ズーム 2.9倍
絞り値(開放) F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
モニター回転(自撮り)
重量 約290g
値段  6万円〜7万円
価格とスペックのバランスが良い、高画質コンデジ

「RX100M3」は、ソニーの1型センサー搭載コンデジ「RX100シリーズ」の3番目のモデルです。

現在の最新機種は、RX100M6なので、少し前のモデルだということです。

α6000と同様、発売から時間が経過している&上位機種が出ているため、価格が落ちてきていて、2018年に入ってから、6万円程度で手に入れられるほどになってきました。

性能としては、1型センサーによる安定した高画質と、手のひらサイズでポケットにも入るコンパクトさを両立させた、良品です。

さらに、コンパクトなボディの中に、収納式のファインダーを搭載。手持ちでも安定感のある撮影が可能です。

ソニー公式より引用)

実写サンプル

ソニー公式より引用)

Amazonで見る:

http://amzn.to/2CvddIp

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/DSC-RX100M3/

ソニー「RX100M5」

センサーサイズ 1型
有効画素数 約2010万画素
ISO感度 125-25600
光学ズーム 2.9倍
絞り値(開放) F1.8(ワイド端時) -2.8(テレ端時)
モニター回転(自撮り)
重量 約299g
値段  約10万円
1型高画質コンデジに高速性能まで付いた、上位機種

「RX100M5」は、高画質&コンパクトなのはもちろん、動く被写体もバッチリとらえる高速性能も備えたモデルになっています。

315点の測距点を持つ、像面位相差AF方式を採用し、画面全体にわたって素早くピントを合わせることができます。

ソニー公式より引用)

その速度は驚きの「0.05秒」!

これだけピント合わせが速いと、動く被写体であっても、常に確実にとらえ続けることができます。

実写サンプル

ソニー公式より引用)

Amazonで見る:

http://amzn.to/2BEiUal

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/DSC%EF%BC%8DRX100M5/?f=1&grp=product

キャノン「G7X MarkII」

センサーサイズ 1型
有効画素数 約2010万画素
ISO感度 125~12800
光学ズーム 4.2倍
絞り値(開放) F1.8(W)-F2.8(T)
モニター回転(自撮り)
重量 約319g
値段  6万円〜7万円
使い勝手&コスパ良好のキャノンの高画質コンデジ

キャノンの高画質コンデジは、ミラーレスと同様、非常に使い勝手がよく仕上がっています。

バリアングル液晶はもちろん、タッチでフォーカスを合わせることが可能で、初心者でも簡単にスマホ感覚で操作することができます。

キャノン公式より引用)

サイズは完全に手のひらサイズ。持ち運びもらくちんです。

手軽に持ち運べて、スマホ感覚で使える、インスタ専用カメラとしてかなり優秀なスペックを備えていると言えそうです。

実写サンプル

(キャノン公式より引用)

Amazonで見る:

http://amzn.to/2Cwabn4

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/PSG7X+MARKII/

GoPro「Hero 6」

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 15mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  あり(10m)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 45,000~50,000円
アクションカメラといえば、GoPro!!

アクションカメラ市場を作り上げてきた、GoPro。

インスタに上げる写真を撮るのにも、非常に適しています。

本体が非常にコンパクトで、旅行で持ち歩きながら撮るのもストレスフリーです。

アクセサリーが非常に豊富で、あらゆる撮影方法で撮ることができ、他では撮れない映像を撮ることが可能です。

また、Hero 6は本体に防水性能がついているなど、とってもタフです。

旅行などでハードに使うのにも、安心の製品となっています。

Amazonで見る:

https://amzn.to/2EizES5

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/GoPro+HERO6+Black/?f=1&grp=product

手軽にインスタ映え!スマホアクセサリー!


もっと手軽に、スマホカメラでもインスタ映えを!

ここまで、インスタ専用のカメラをご紹介してきましたが、どのカメラも高画質モデルなだけに、結構お値段も張りますよね。

「もっと手軽にインスタの写真をアップグレードさせたい!」という方におすすめなのが、スマホのアクセサリーです。

今回は「Insta 360」というアクセサリーをご紹介します。

名前からしてインスタに適していそうですが、実際に非常に簡単に使えて、アッと驚く広角写真が撮れる優れものになっています。



こんな感じで、スマホの充電する部分に差し込んで使用します。

特徴は上の図にも書いてありますが、360°パノラマ撮影が可能だということ。

超・超広角で、普通のスマホでは撮れない映像が撮れるので、目を引くこと間違いなしです。

手軽にインスタの写真をよくしたい方には、ぜひおすすめです。

公式HP:

Insta360°あなたのiphoneをあっという間に360°カメラに

まとめ

いかがでしたか?

インスタの専用カメラを手に入れて、イケてる写真をガンガン上げていきましょう!!

それでは、今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする