超キレイにオーロラが撮れて、しかもコンパクトに収まる撮影機材を考えてみた

オーロラの撮影に最適なカメラとは?

こんにちは!Masaです!

人生で一度は見てみたいものの代表格、オーロラ。

せっかく見に行くのなら、良いカメラでキレイにオーロラを収めたくありませんか?

今回は、オーロラを撮りに行くのに最適な一眼カメラをご紹介します!

重視しべき点

おすすめのカメラをご紹介する前に、「そもそもオーロラ撮影用のカメラを選ぶ際に重視すべき点は何なのか?」というところからご説明します。

オーロラを撮りに行くときに、以下2点は認識しておくべきです。

  • 夜中にオーロラを鑑賞するため、周囲は暗い
  • アラスカやカナダ、北欧など、長距離の海外旅行となる

つまり、カメラを選ぶ際は、

  • 暗い場所での撮影が得意なカメラを選ぶ
  • コンパクトに収まり、なるべく軽量なカメラを選ぶ

ということが重要になってきます。

センサーサイズが大きくないと、一眼を買う意味がない

では、暗いところに強いカメラとは、どういうカメラなのでしょうか?

それは、

センサーサイズの大きいカメラです

デジタルカメラは、イメージセンサーが光の情報を取り込み、記録することで撮影しています。(昔はフィルムがこの役割を担っていました)

センサーが大きいほど、取り込める光の量は多くなります。

取り込める光の量が多いほど、より鮮明に記録することが可能になる。というわけです。

スマホやコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)ではなく、一眼でオーロラを撮る最大のメリットはここにあります。

逆に言うと、コンデジと大差ないようなセンサーサイズの一眼を選んでしまっては意味がないのです。

最低でも、APS-Cと呼ばれるサイズのセンサーを搭載しているカメラを選びましょう。

海外旅行に、大きいカメラは邪魔になる

次に重視すべき点は、「コンパクトさ」です。

オーロラが見れるのは、北極圏がほとんどです。

アラスカやカナダ、北欧ですね。

1日かけてフライトして行くような、長距離の海外旅行になります。

荷物は防寒具などですでにかさばりまくっているでしょう。

そこに追加で入れても邪魔になりにくい、コンパクトなカメラを選びましょう

まとめると、

センサーサイズは大きいけれど、全体はコンパクトに収まるカメラ

を選ぶべきということですね。

そんな都合の良いカメラを2つ、ご紹介します。

【予算30万超】α7SM2&広角レンズ

予算別に二つカメラをご紹介します。

まずは、30万円以上かけても構わないという方には、こちらがおすすめ。

ソニーのα7SM2と、対応の広角レンズです。

予算に余裕があるなら、このカメラしかあり得ません。

NASAでも使われた!暗所に特化したミラーレス一眼!

このカメラは、暗所での撮影で真価を発揮します。

暗い場所を明るく写す機能として、ISO感度というものがあります。

この値を上げるほど明るく写りますが、デメリットとして、ノイズ(ざらつき)が発生しやすくなります。

実は、「ISO感度を上げても、ノイズが全然発生しない」というのがα7Sシリーズの強みなのです。

このビデオが非常にわかりやすいので、ぜひ一度ご覧ください。

ノイズの乗り方が全然違いますよね。

NASAが宇宙での写真撮影に使ったくらいですから、オーロラくらい楽勝に撮れるでしょう。

まだまだ予算に余裕がある方におすすめのレンズ

ちなみに、予算にまだ余裕があるのなら、広角レンズはこちらの方がおすすめです。

こちらはF値を2.8まで下げることができるので、より明るくキレイに撮影することができるんです。

【予算10万】α6000&広角レンズ

「もうちょっと出費を抑えたい…」

という方におすすめなのが、ソニーのα6000です。

APS-Cのセンサーサイズとコンパクトなボディ

さすがにα7SM2と比べると、暗所への耐性はガクンと落ちます。

しかし、スマホやコンデジと比べると、圧倒的にキレイに撮ることができ、なおかつコンパクトです。

理由は、

  • APS-Cのセンサーサイズ
  • ミラーレスのため、コンパクトなボディになっている

この2点です。

APS-Cのセンサーは、iPhoneに搭載されているセンサーのおよそ20倍もの大きさを誇ります

これだけ差があると、暗所での撮れ方にも歴然と差が出てきます。

それだけ大きなセンサーを搭載しながら、ミラーレスのため、非常にコンパクトです。

持ち運びにも便利でしょう。

充実の操作性

実は、APS-Cのミラーレスというのは、α6000だけではありません。

その中で、α6000をおすすめしたいのは、

  • 操作性が高い
  • スペックの割に価格が安い

からです。

その理由は、α6000は発売してから3年以上が経過しているにもかかわらず、未だに最新モデルとして活躍しているところにあります。

つまり、

  • 3年経ったにも関わらず、同価格帯でトップレベルの性能を誇っている
  • 元々は、中級者向けくらいの立ち位置で販売されていた
  • 3年が経ち、生産合理化や減価償却の完了により、価格が落ちた

ということです。

元々、中級者くらいをターゲットにしていたので、ダイヤル周りなどの操作性が高くなっていますし、連写性能なども非常に高い。

そんなスペックのカメラが、エントリー機ほどの値段で手に入るのです。

非常にコスパが良い、素晴らしいモデルだと思います。

参考記事:

ソニーのミラーレス一眼「α6000」を徹底解説!エントリー機として理想的なカメラ!

必須アクセサリー

さて、ここからはオーロラ撮影で必須のアクセサリー類をご紹介しておきます。

予備用バッテリー

オーロラ撮影は氷点下20~40度程度の、非常に寒い環境で行います。

寒すぎてバッテリーが切れてしまう可能性もあるでしょう。

必ず予備のバッテリーは準備しましょう。

三脚

これは必須です。

暗いところでの撮影は、シャッタースピードを落として行います。

長いシャッタースピードを手持ちで撮ってしまうと、ブレまくります。

三脚でしっかりと固定しましょう。

参考記事:

【一眼初心者】「シャッタースピード」とは何なのか?わかりやすく解説!

まとめ

いかがでしたか?

オーロラはそんなにホイホイ見に行けるものではありません。

ぜひ、後悔のないように、カメラを選んでくださいね!

それでは今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする