2018年最新アクションカメラおすすめ10選!選び方から各機種の特徴まで、徹底解説!

アクションカメラってなに?

アクションカメラは、その名の通り「アクション」を撮ることに特化して作られたカメラです。

自分の体に装着して使用することが多く、ウェアラブルカメラとも呼ばれます。

バイク、スケートボード、サーフィン、スキー、スノーボード、ダイビングなどの「アクション」でよく使われています。

防水性と耐久性のおかげで、動きが激しい、厳しい環境でも撮影が可能です。

普段は撮れない迫力ある映像を撮ることができます。

ビデオカメラとはどう違うのか?

一般的な、ビデオカメラでも動画を撮ることはできます。

アクションカメラとビデオカメラには、それぞれ特徴があり、用途が異なります。

アクションカメラの特徴は、タフさとサイズ

アクションカメラの特徴は、何と言ってもそのタフさです。

アクセサリーを併用することで、水中などの非常に厳しい環境でも撮影することができます。

また、自分の体に身につけて撮ることができるくらい、コンパクトで軽量な作りになっています。

逆に、デメリットはズーム機能が弱いことです。

以上の特徴から、アクションカメラは、動きのあるタフな環境で、自分自身の視点を撮るのに適していると言えるでしょう。

ビデオカメラの特徴は、ズーム機能

ビデオカメラの特徴は、ズーム機能です。

アクションカメラと違い、レンズのユニット部分の幅を取ることができるため、強力なズーム機能を付けることができています。

モニターもアクションカメラより大きいため、第三者的な視点で撮るのにより適していると言えるでしょう。

子供の運動会や発表会、スポーツの試合を定点で撮るような場合には、ビデオカメラの方が優れた力を発揮してくれるはずです。

ただし、アクションカメラのように、タフな環境で撮ることは望めません。

アクションカメラの選び方を徹底解説!

最初はGoproしかなかったアクションカメラ市場も、多くのメーカーが参入し、選ぶのが悩ましくなってきています。

ここでは、アクションカメラを選ぶ際に重要なポイントを紹介し、より賢い選び方を解説していきます。

画質は4Kとフルハイビジョンがある。どっちがいいのか?

アクションカメラの画質は大きく分けて二つあります。

  • 4K
  • フルハイビジョン

この二つです。

4Kとフルハイビジョンの違いは、画素数です。

ソニー公式より引用)

画素数におよそ4倍もの差があるのが分かります。

これだけ画素数の数に違いがあると、細い部分の描写にも相当程度の差が出ます。

もちろん、4K画質の方がオススメなのは言うまでもありません。

ただ、コスト的な面ではフルハイビジョンの方が優れているので、こちらも捨てがたい。

ご自身の予算と相談しながら、決めましょう。

画角を比べよう!

次は、画角です。

そもそも、画角ってなに?

まず、画角について説明します。

画角とは、カメラで写真や動画を写した時に、実際に写り込む範囲のことを言います。

その範囲を、角度で表しているのです。

ニコン公式より引用)

アクションカメラの場合、ビデオカメラのように強力なズームは期待できません。

ズーム無しの、単一の画角で撮ることがほとんどでしょう。

だからこそ、アクションカメラがどれだけの画角で撮っているのか、把握しておくべきなのです。

アクションカメラが、自分の視点でアクションを収めるカメラだとするならば、自分の視野に近いものを選ぶのがベターでしょう。

人間の視野は、およそ180~200度と言われています。

アクションカメラで画角が広いものは、広角170度のレンズを搭載しています。

理想を言えば、この170度以上広角のモデルを選ぶのが良いでしょう。

カメラのスペック表では、画角は「焦点距離」という項目で表されることも多いです。

その場合は、広角ワイド端で「17mm」より小さければ、170度より広い画角だと考えて問題ありません。

そうすれば、自分の視野にも近く、周囲の状況も十分に写り込んで、迫力のある映像を撮ることができます。

フレームレートは30fps以上を選ぼう

次にチェックするべきは、フレームレートです。

フレームレートってなに?

「フレームレート」に馴染みのない人の方が多いと思います。

wikipediaによれば、

フレームレートは、動画において、単位時間あたりに処理させるフレーム数(静止画像数、コマ数)である。通常、1あたりの数値で表し、fpsframes per second=フレーム毎秒)という単位で表す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

つまり、「1秒間に何コマ撮っているのか」を示す指標だということです。

コマ数が多いほど、より滑らかな映像にすることができます。

動きの激しい映像を撮るアクションカムには、非常に重要なスペック指標になります。

激しいスポーツ中の撮影を想定されているなら、30fps以上のハイスペックモデルを選ぶと良いでしょう。

防水・防塵機能が付いているかチェック!

次に見るのは、防水・防塵機能です。

防水は、その名の通り水に対してどれだけ耐性があるのかを表す指標です。

防塵というのは、砂ボコリなどの粒状のゴミに対する耐性を表す指標です。

本体防水なのか、アクセサリーで防水するのか?

最新の機種になると、アクセサリーをつけなくても防水機能が付いています。

防水機能を見るときは、水深何mまで防水してくれるのかチェックしましょう。

アクセサリーなしの防水の場合、大体10mまでの防水です。

ハウジングという潜水用のアクセサリーをつけると50m以上の防水をつけることができたりします。

ご自身が実際に使うシーンと照らし合わせて選びましょう。

ブレ補正の種類を知ろう

ブレ補正はアクションカメラにとって、非常に重要なスペックです。

動きを収めるカメラなので、ブレ補正やフレームレートには特に気を使うべきです。

光学式の手ぶれ補正の方が強力

実は、ブレの補正には2つの方法があります。

  • 光学式
  • 電子式

この二つです。

より強力に効くのは、光学式の方です。

光学式は、センサーやレンズを物理的に動かしてブレを補正します。

電子処理でブレを調整する電子式よりも、ブレの原因に直接的に作用できるため、強力な効果を発揮するのです。

アクセサリーは豊富な機種か?

何度か出てきているように、アクションカムにとってアクセサリーは他のカメラより重要です。

バイクにはバイク用のアクセサリーが必要です。

サーフィンやスキー・スノーボードなど、用途の数だけアクセサリーが必要となるわけです。

人気機種の方が、サードパーティーも含めて多種多様なアクセサリーが販売されています。

周辺のアクセサリーもざっと種類があるかだけチェックしておきましょう。

wifi経由で、簡単にスマホと接続できるか?

最後は、スマホ接続です。

アクションカメラで撮った後に重要になってきます。

PCメインで保存しても良いでしょうが、スマホで共有&保存できた方ラクだという人も少なくないはず。

特に、最近はクラウドの保存サービスも充実してきていますし、スマホにサクッと転送して、クラウドに保存というのが一番簡単でしょう。

Amazon Prime会員の容量無制限ストレージサービス:

https://amzn.to/2pWOrwt

アクションカムのオススメ10選!画質別に紹介!

それでは、具体的なおすすめ機種を紹介していきます。

価格的に大きな差が出る、4K/フルハイビジョンに分けてご紹介します。

4Kアクションカムのオススメ5選!

まずは、4K画質のモデルから。

GoPro HERO6 Black

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 15mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  あり(10m)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 45,000~50,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2EizES5

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/GoPro+HERO6+Black/?f=1&grp=product

GoPro HERO5 Black

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 14mm
最大フレームレート  30fps
本体防水  あり(10m)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約32,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2JmvtbE

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/GoPro+HERO5+Black/

SONY FDR-X3000

ソニー公式より引用)

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 17mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  なし。ただし、防滴対応
手ぶれ補正方式  空間光学式

(非常に強力な補正方式で、光学式の一種)

アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約47,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2IuVK6i

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/GoPro+HERO5+Black/

Campark®ACT76

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 17mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  なし(防水アクセサリー付属)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 8,000~11,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2q9auA6

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/Campark%C2%AEACT76/

STYLUS TG-Tracker

画質  4K
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 14mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  なし(防水アクセサリー付属)
手ぶれ補正方式  光学式5軸手ぶれ補正
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約28,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2q9upiz

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/STYLUS+TG-Tracker/

2Kアクションカムのオススメ5選!

次に、フルハイビジョン(2Kとも言います)のモデルを見ていきます。

HDR-AS300

ソニー公式より引用)

画質  フルハイビジョン
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 17mm
最大フレームレート  60fps
本体防水  なし。ただし、防滴対応
手ぶれ補正方式  空間光学式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約37,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2Gykuhj

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/HDR-AS300/

KeyMission 80

画質 フルハイビジョン
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 22mm
最大フレームレート  30fps
本体防水  あり(1m)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約25,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2uOiTie

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/KeyMission+80/

HX-A1H

画質 フルハイビジョン
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 15mm
最大フレームレート  30fps
本体防水  あり(1.5m)
手ぶれ補正方式  なし
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 17,000~20,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2IuAFsx

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/HX-A1H/

APEMAN アクションカメラ A66

画質 フルハイビジョン
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 17mm
最大フレームレート  30fps
本体防水  なし(防水ケース付属)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約4,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2GzKSHR

Victure アクションカメラ AC200

画質 フルハイビジョン
ワイド端焦点距離

(最大どれだけ広く撮れるか)

 17mm
最大フレームレート  30fps
本体防水  あり(10m)
手ぶれ補正方式  電子式
アクセサリーの豊富さ
wi-fiスマホ転送
価格 約4,000円

Amazonで見る:

https://amzn.to/2H9Y7Ml

楽天で見る:

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/AC200/

最新の売れ筋ランキングをチェック!

最新の売れ筋から選ぶのも、無難に良い手段です。

 アクションカメラのAmazon売れ筋ランキング:

https://amzn.to/2GpA52G

まとめ

いかがでしたか?

アクションカメラを使って、趣味のスポーツを撮影したら、また違う楽しみが味わると思います。

ぜひ、素晴らしい機種と出会って、新しい楽しみを見つけてくださいね。

それでは、今回は以上です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする